THE Helsinki Formula



日本医科大学 皮膚科 教授
医学博士 川名誠司

試験期間 : 平成15年7月〜9月

試験方法

  1. 初診時、臨床写真、皮疹(コメド、膿疱、結節)の数を測定
  2. 片側にはフォーミュラB、反対側には生理食塩水を毎日2回スポット的に塗布し、2週間継続する。
  3. 2週間経過後に再度皮疹(コメド、膿疱、結節)の数を測定し、両サイドの違いをはかる。また、終了時に臨床写真を撮る。


結果(症例期間2週間)

全43例中 
  著効 ・・・・・・・ 5例 
  有効 ・・・・・・・・ 15例 
  やや有効 ・・・・・・・・ 2例 
  不変(左右差なし) ・・・・・・・・ 17例 
  悪化 ・・・・・・・・ 4例 


考察
  • 2週間フォーミュラBを外用し、結果を観察し得た43例中22例(51%)は有効であった。
  • 同一被験者の顔の左右側にそれぞれフォーミュラBと生理食塩水を塗り分けて比較したものであり、判定結果は信頼性が高いと考える。
  • 結果は2週間という短期間の試験期間にもかかわらず、著効5例(12%)を含め半数以上に有効であった。
  • 悪化4例は軽度の刺激症状を示したものであり、中止により治療した。いずれも使用回数、使用量の工夫で解決できると考える。
  • フォーミュラB使用において、接触性皮膚炎(かぶれ)は1例も見られなかった。


輸入販売元 パントロン・ワン株式會社  東京都新宿区市谷砂土原町1-2-29-1F
03-3513-4183(代)  お問い合わせ受け付け番号 0120-210-664